LEARNING学びのこと

知りたい

福祉教育

福祉とは

「ふくし」とは、 だんの らしの あわせ を意味します。
福祉は、皆さんにとても身近なこと!私たち一人ひとりが幸せに暮らしていくことです。

福祉教育とは

「ふだんのくらしのしあわせ」のために、何ができるのか、どうすればよいのかを考え、行動するための力を育むことです。
キーワードは“みんなちがって、みんないい”。みんなが自分らしく暮らしていくためには、お互いのちがいを知り、ちがいを認め合うことの大切さを知ることが必要です。
福祉教育を通して、みんなが自分のことだけでなく、周りの人も大切に思い、それぞれの考え方や生き方の違いも尊重できる“みんなちがって、みんないい”という考え方を学びます。

湖西市福祉教育実践校について

市内の小学校・中学校・高等学校及び特別支援学校の全14校を福祉教育実践校に指定しています。年3回の連絡会を開催し、各学校の取り組みを共有しています。

こふくちゃん講座(社協の出前講座)

地域の皆様(団体・組織、学校、企業等)のもとへ社協職員がお伺いさせていただき、社協および社協事業に関する各種講座 を実施します。

こふくちゃん講座(PDF)